So-net無料ブログ作成

サル山の嘘はバレても。 [たとえ話]


野生の状態ではピラミッド型社会を作らないニホンザルを

サル山に閉じ込めて、そこに現れたピラミッド型社会のふ

るまいを

(サルだって同じなんだ)

として、自分たちを納得させてきた日本人。




二つのことが言えるのではないかと思います。




ひとつは、わたしたちは自分たちが潜在的に見たいと思っ

ているものについては、それがどんなに怪しいものであっ

ても、表面の辻褄さえ合えば

(ほら、これが現実だ!)

と言って、ありありと目に見てしまう……ということ。




もうひとつは、競争競争で人々を追い立てて成果を出して

いこうとする社会は、かつてはいまよりもっと圧倒的な力を

(魅力も含めて)持っていたらしい……ということ。




むかしサル山について言われていた

(もっともらしいウソ)

は、いまではすっかり通用しなくなっています。




けれども、サル山以外のことでは、いまのわたしたちもやは

り、ほんとうは現実でないものを

(これが現実なんだ!)

と言って納得してしまっているに違いありません。



        iiyodomu.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます